酒菜

酒菜―居酒屋の料理476 [単行本] / 柴田書店書籍編集部 (著); 柴田書店 (刊)

酒菜―居酒屋の料理476 [単行本] / 柴田書店書籍編集部 (著); 柴田書店 (刊)


東京の繁盛居酒屋店の作り方が476品掲載されています。

見ているだけでも、なんだか作っておうちでパーティーがしたくなります。

分量の細かい記載がないので、ある程度、料理が出来る方にはいいでしょう。

盛り付け、付け合せなどプロの方にも参考になると思います。

お勧め度:3.5

パスタ・PASTA・パスタ

片岡護・山田宏巳・日高良実・北見博幸著

「パスタ・PASTA・パスタ」

イタリアン一流シェフ、4名の共著。

51P26V4NQ3L__AA115_.jpg


12か月に分けて、各季節ごとにパスタが紹介されています。

内容はオーソドックスなものと、季節の素材を使った創作的なパスタが載せられていて、ヒントにはなりますが、簡潔過ぎて、かなり料理が出来ないと難しいかもしれません。

レシピの分量は、すべて1人分で紹介されています。

誰がどのパスタを作ったのか分からないのも、疑問が残るところです。

お勧め度:3.0

旬の地魚料理づくし

旬の地魚料理づくし [単行本(ソフトカバー)] / 野村 祐三 (著); 講談社 (刊)

旬の地魚料理づくし [単行本(ソフトカバー)] / 野村 祐三 (著); 講談社 (刊)


私の好きな1冊です。

地元の漁師さんや、民宿、旅館などのまかない料理など、めったにお目にかかれない料理が紹介されています。

レシピには、細かい分量は書かれていませんが、まかない、家庭料理には細かいことは必要ないということなんでしょうか。

とにかく珍しい魚の調理法が数多く記載されていて、海のそばの民宿や、直売所に行きたくなります。

お勧め度:3.5
タグ:野村祐三
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。